ESTAを個人手配するにはどうすれば良い?やり方を詳しく解説!

【準備編】
荒井君
荒井君

初めてのハワイ旅行・・・。
ESTAの申請を忘れると、ハワイに入国出来ないらしい。
しかし、ESTAって一体何だ?

初めてハワイに行く時に必要になってくるのが、ESTA(エスタ)。
しかし、ESTAって一体何だろう?
と思っているかもしれませんね。
ESTAを申請し忘れるとハワイに入国する事ができないので、絶対に忘れないようにしましょう!
この記事を読めば、ESTAの申請方法も分かるので最後まで読んでくださいね。
水咲
水咲

それでは早速いきましょう!

そもそもESTAって何?

US入国管理局は、電子渡航認証システム(ESTA)により、渡航者が国家の安全を脅かす危険性を有しているかどうかを判断することができます。

US発達した情報網のおかげで、米国入国管理局はセキュリティー情報の大規模なデータベースに頼るだけでいいのです。ESTAの申請はそのデータベースと照合する形でチェックされ、渡航者が適格性を有するかどうかを判断します。

荒井君
荒井君

電子渡航認証システム?安全を脅かす?
一体どういうことだ?

水咲
水咲

ようするに、ESTAは「私は貴国に何も脅威はありませんよ」という証明書みたいなものです。

 

ESTAを申請する必要がある人と無い人の違い

ESTAを申請する必要がある人

  • ESTAの申請をした事が無い人
  • パスポートの有効期限が切れた場合
  • パスポートを新しく発行した場合
  • 婚姻や離婚で名前が変わった場合
  • 国籍が変更になった場合
水咲
水咲

名前が変わってもパスポートの書き換えを行っていない場合は申請しなくても大丈夫ですよ

ESTAを申請しなくても大丈夫な人

  • 米国ビザを取得している場合
  • アメリカのパスポートを所持している
  • グリーンカードを所持している

ESTAを個人で申請する方法

それでは実際にESTAを手配してみましょう。

ESTAを申請するのに必要になるのが、クレジットカードとパスポートです。

これらを準備してから、政府のサイトにアクセスします。

参考政府のサイトはこちら

政府のサイトに飛んだらまず、グループで申請するのか、個人で申請するのかを選択します。

水咲
水咲

人数が複数人いる場合はグループでの申請をおすすめします。

今回はグループによる申請の方法について解説しますね。
なお、個人で申請する場合でもグループ申請と変わりはありません。
そうしたらまず、グループによる申請をクリックしましょう。
次のページに進むと、グループの代表者の個人情報を記入しなくてはいけません。
(代表者と言っても最終的には全員の個人情報を記入しないといけないため、深く悩む必要はありません。)
必要な情報を記入したら操作の継続を押します。
水咲
水咲

「組織」というのはお勤めしている会社の事ですが、埋める必要はありません。

ページが進んでも、まだ申請の完了はしていけません。
ページの「新規の申請者」を追加ボタンをクリックします。
そうしたらまず、最初の申請者の個人情報を記入していきます。
赤色の※マークの情報をローマ字で記入したら、「他の申請者を追加する」ボタンをクリックします。
申請者全員の情報を記入し終えたら「次へ」ボタンをクリック。
その後は渡航情報の入力をします。
何かあった場合の連絡先になります。
これは予約したホテルの住所、電話番号を記入すると良いです。
水咲
水咲

予約したホテルの住所と電話番号って事は、ホテルを先に予約しないとESTAは申請出来ませんので注意してくださいね。

Googleかyahoo!で予約したホテルを検索すれば、住所と電話番号が記載されていますので、全てコピー&ペーストで大丈夫です。
渡航情報を記入すると、最初のページに戻ると思います。
渡航者全員の情報を記入し終えたのを確認してから、進むようにしてくださいね。
未払いの申請を追加をクリックしたら、適格性診断に移動します。
簡単なアンケートに答えるだけなので、深く考える必要はありません。
適格性診断を終えると、ESTAをクレジットカードで支払い、メールが届いて完了です。
メールが届けば完了です。
ESTAの支払い料金は1名あたり、1500円ほどで完了します。
水咲
水咲

旅行代理店でESTAの申請を依頼すると1人あたり6000円ほど掛かりますが、個人で手配すれば4500円もお得になりますよ。

まとめ

旅行代理店や、ESTAを代理申請してくれるサービスがありますが、いずれも割高になります。
頼んだ方が楽なのですが、少しでも安く抑えたい場合は個人で申請するのが良いでしょう。
ESTAは2年間の有効期限がありますので、申請した日を忘れないようにしてくださいね。
楽しい旅行になると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました